未来の自分への投資 美肌ケア

スキンケアは毎日地道にこつこつと続けることが将来にわたってよい影響を及ぼしていくものなのです

日焼け止め シミ

2016年09月30日 11時19分

シミを防ぐには紫外線対策が必要です。
紫外線対策で重要なのが日焼け止めです。
日差しが強い夏場は日焼け止めを塗ることが多いと思いますが、紫外線量が少なくなる冬場は日焼け止めを塗らないことが多いはずです。

冬場でも紫外線は降り注いでいます。
また、曇りの日でも晴れの日の80%程度の紫外線が地上に届いているので油断できません。
1年中日焼け止めを塗りましょう。

日焼け止めを塗っても使用量が少ないと製品に記載されている値の効果を得ることができません。
クリームタイプならパール粒2粒分、ローションタイプなら500円玉くらいの量を使います。
ちょっと多く感じるかもしれませんが、製品テストではこのくらいの量を使用してSPF値やPA値を出しています。

たっぷり使う必要があるのです。
最近は白くならないように開発されている日焼け止めが多く出回っているので、たくさん塗っても白浮しません。
一度塗ったからと安心できません。

汗や摩擦で日焼け止めは取れてしまいます。
頬づえをつくなど無意識にやっていることでも取れてしまうので、こまめに塗り直すようにしましょう。
日焼け止めを塗った日はクレンジングでしっかり落としてください。

しっかり日焼け止めで紫外線を防げばシミができにくい肌になります。